忍者ブログ

七森の業務日誌

Seven=Fの行動記録。

NEW ENTRY

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 12/16/13:54

仮面と少年

  とある日の昼、たまには奮発して外食でもするかと食堂へと出かけ、少し工房を留守にしていたのだが、帰ってくると何故か工房の扉が開いていた。
一瞬泥棒かとも考えたが、そんな金目の物があるわけでもない、念のため警戒しながら足音を忍ばせ工房に近づく、と中から

「ちょ、なんで、そんな、ところに!」

何か飛び跳ねるような音と一緒に最近よく聞く声が聞こえた。
中を覗くと、綺麗な金色の髪に、黒いマントを羽織った魔術師の少年の姿。
最近、うちの工房にある道具を貸すことが多いので、工房の合鍵を渡してあったのだ。

何故か一生懸命、道具が置いてある棚に向かって飛び跳ねているのは……どうやら、棚の高いところに置いてあった『仮面』に届かないかららしい。
棚の手前の方に置いてあったはずだが、どうも手に取ろうとした時、誤って奥へと押し込んだようだった。

必死になって飛び跳ねている少年は、こちらに気が付いておらず、その懸命さには、微笑ましいものを感じもする。

ふと悪戯心が沸き起き、薄く笑みを浮かべながら気が付かれないよう、こっそり後ろから近づき。

「お探しのものはコレかいレオル君?」

後ろから手を伸ばし仮面を取ると、目の前に差し出し、にっこりと微笑みかけてみる。
少年は、一瞬呆気に取られた顔をし……直後。

「み、み、み、見てたんですかっ?!」

顔を紅潮させながら、【スザザザー!】と効果音の聞こえそうな勢いで後ずさる少年。

「見ていたというか、俺の家だし……あれだけバタバタやってれば、そりゃ目立つしな…。」

至極もっともな事を言ってみたのだが、目の前の少年は

「……だいたい、あんな、高いところに置いておくからっ。……ちょっと背ばっかり無駄に高いからってっ」

さりげなく酷い悪態をついている。
別にそれくらいで怒りはしないのだが、ちょっとだけ反撃したい気持ちも沸き起こるわけで。

「いやはや、すまなかったね……でも、なかなか可愛らしいものだったよ、月見て跳ねる兎ってのはあんな感じかね」

大人気ない仕返しをまじえた揶揄を投げつける。

「な、な、な……!誰が兎ですか、このっ……も、もう知りません。帰ります。」

と、言い捨て何か袋のような物を投げつけて、工房から走り去っていった。



後日その袋に入っていた、薬キノコを使った傷薬を見てちょっとだけ反省した俺は。
特別に背の低い棚を1つ、黙って工房に設置することにした。
PR

つづき…